スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中原DNAです。

引っ張ってすみません。
なかなか写真を撮る機会がありませんでした。
現状、我が家最大です。

DSC06354.jpg

まずは最大個体から。
蛹体重は24gありましたが、サイズは82.1㎜。
大分幅や厚みも出てしまいました。けっこう縮みましたね。(笑)
頭幅28.5㎜と全体的に太いイメージですが、そのわりにアゴが少し細い感じです。
(それにちょっとアゴズレなんです。涙)



そして、我が家の中原DNAベスト個体です。80.5㎜、頭幅27.8㎜
蛹体重は22g強でしたが、こんなもんです。イマイチですか?
でも、見た目よりカッコイイんですよ。
だってこの仔はずっと体を丸めたままでちっともポーズを取ってくれないんです。(笑)

それから、先日羽化した能勢YG(マサレッド8番)いい感じです。
♂♀とも自己ギネス更新の可能性有りです!
自己血統も2頭羽化、せめて最後は80UPラッシュで終わりたいです。(ラッシュって、2頭だけど…(爆))
スポンサーサイト

中原DNAの結果

DSC05022.jpg

中原DNAのプレペアの幼虫が採れなくて、
仕方なくうえさんに報告させていただきました。
すると、返信メールが返ってきました。

「残念ですね。せっかくですから、私のブリードした幼虫を数頭飼育してもらえませんか?
 もしご迷惑でなければ、すぐに送ります。」

ということで、昨日送ってくださいました。
ご本家の中原DNAです。(喜)

ところが、このお話には続きがあります。
送っていただく事が決まってから、プレペアの幼虫が採れたのです。
今のところ1頭のみですが。そこでその事を正直に連絡したところ、
変わらず送って下さるとの事。心の広い方だと思いました。

うえさん、本当にありがとうございます。
大切に飼育しますね。

ちょっとヤバいぞ!(汗)

DSC04495 - コピー

先週から中原DNA 2ペアを臨時温室?にいれて27℃で加温中です。
オスは調子良くなってきましたが、メスがゼリーを食べないんです。
まあ、自分はスロースタートと思っていましたが、
それにしてもそろそろエンジンを掛けてもらわないとマズい雰囲気だ。(汗)

後はケース真ん中の仕切りを抜くだけなんだけどなぁ~。

20℃そこそこの能勢の方が元気いいぞ!どうなってんだ・・・。

来年の種親紹介 その2

DNA78これは?

中原DNAのもう1ラインです。
以前にもご紹介させていただきました、BE-KUWAプレゼントの当選ペアです。
予定は77mmでしたが、到着してみると78mmに大きくなっていました。(笑)

中原DNA Ⅱ 管理番号は2B-10 

親は♂81mm(美形コンテスト優勝個体)×♀53mm 

というサラブレッドです。

なかなかいい写真が撮れていませんが、
先の個体と比べ1mm大きいだけですが、
それ以上の差があるようにみえます。
幅もあり、大アゴが長いバランスの良い個体です。
実物は画像とチョットイメージが違います。

メスは49mmで中原DNA Ⅰのラインになります。
うえさんご本人が、予備にとキープしていた個体を特別に回してくださいました。
サイズは能勢に、中原DNAは80オーバーと形状に拘ります。

以上、中原DNAのメインペアです。

来年の種親紹介 その1

コピー ~ DSC03275


まずは「中原DNA」です。

今年の夏、中原DNAの作出者のうえさんから直接譲っていただきました。

体長77.0mm。中原DNA Ⅰ系統で、うえさんところでの管理番号は1A-18。

BE-KUWA主催 第10回美形オオクワコンテスト優勝個体の異母兄弟の子供です。

ペアのメスはDNA Ⅱで、体長48mm、優勝個体の直仔となります。

nakabarudna.jpg

大きくはありませんが、美肌と、アゴのカーブが気に入っています。

もう少しアゴの長くなる事を意識してやってみたいです。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。