スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菌糸が回らない!(汗)

少し間が空きました。
いいネタがないからですよ。(笑)

先週末、夫婦で10個程ブロック40本を詰めました。
ところが…。
どうも菌糸の回りが遅い。
PITなんかは早くて、1週間もすればけっこう真っ白なんですが、
まだ薄く白くなったレベルです。
室温は27℃くらいで、ハチミツ1000に900gぐらいです。
みなさんどんなもんですか?

今年は初めて使う菌糸だし、ガラスビンに変更したことも重なって、
これまでと違います。S3ってこんなもんですか?
ちょっと心配ですが、2週間もすればなんとかなるでしょうかね。(笑)

さて、羽化の方ですが、メスはそれなりに50は越えますが、
♂がなかなかです。
やたらと78~79㎜が多いです。(泣)
まいったな~。巷は85upが続出なのに…。
これではマイギネス(82.5㎜)更新は微妙かな~。(汗)
能勢YGの還元率に期待しましょう。(笑)
スポンサーサイト

第2次菌糸ビン詰め詰め終了!

前回の菌糸ビンの詰め詰め作業からちょうど1週間。
本日は第2次路程でございます。
今日は以前とは違うメーカーの菌糸を選択しました。
どうなるか分からないので、メーカー名は伏せておきますね。(笑)
詰めたのは全部で15ブロック。

それにしても先週のAG、新外産とはあまりにもいろいろ違って、
勘が狂ってしまいました。(笑)
まずは同じ調子で詰めても800gちょっとしかならない。
先週は余程水分量が多かったのだと思いました。
やばいな~。私もまだまだだなぁ。(汗)

それと、♂ビンは1kgを越えるものが殆どなので、計りが使えませんでした。
最初に1400ボトルを5本くらい詰めて、その感覚で勘のみで詰めました。

ブロックの大きさが違うので、思ったより作業が進みません。
量が多いのは悪い事ではないんですが…。

結局、2000大:7本、2000:5本、1400:7本 800:29本 詰めました。
勘でやった事もありますが、ずい分手間取りました。

モチロン、嫁さんも夕食をレトルトカレーにして手伝ってくれました。
でも頭が痛いようだったので途中でリタイヤしてもらいました。
いつもながら感謝ですね。

第一次菌糸ビン詰め詰めしました。

12月になりましたね。
我が家も3本目菌糸ビンを作りました。

今回は、AG3ブロック、新外産9ブロック 合計12個。
新外産3個に対して、AG1ブロックをミックスしました。
今回はこれにPIT用のマキシムNを1ブロックあたり30g投入。

全部で 1400ボトル 21本
       800ボトル 15本  出来ました。
 
3本目に栄養価をここまであげるのは私の今までの考えとは異なります。
冒険ですが、実験してみます。AG、新外産と合うかも心配です。
少しでも伸びたり、維持したり出来ればいいですけど。
逆に劣化が早まるかもですね。(汗)

詰め方はずい分ゆるめに詰めました。
水分量が高いのか、軽く詰めてるつもりでも1000gに届きそうになります。
960gで極力軽くしてみました。
うまく回ってくれますように。

追伸

昨日も優しい奥さんが手伝ってくれました。
ブロックを崩し、撹拌して、軽くボトルに詰める。
これを私が最終詰めをやりました。
最後のお掃除までやってくれました。素晴らしい奥様です。
ちゃんと書いておかないとね。
「ありがとうございました。」

幼虫の投入が完了しました。

能勢YGの2ラインは、インが38頭、アウトが18頭が投入できました。
もう少し採れてましたが、卵のままや、いなくなった?ものがありました。
全部で56頭。
これに中原DNAが6頭。
そして7月にyasukongさんから3頭。
合計で65頭になりました。
もうちょっとあるはずでしたが、こんなもんでしょう。
今年は余裕の飼育になりそうです。(笑)

しかし、菌糸ビンが15本程余ってしまった。(汗)
クワ友さんで、足らない人はいませんか~。
って、この季節誰もいらんよね~。

DSC06371.jpg

余ったので、あ~んなボトルや、こ~んなボトルも作りました。
調子に乗りすぎでしょうかね?(笑)

最終ステージ準備完了

いよいよ最終ステージの開始です。
今日から加温を開始するにあたって、虫家内に棚を設置。
これで準備完了。
今シーズン選りすぐりのボトル群です。

DSC05984.jpg

それにしても同じ時期に交換したというのに、
状態にとても差がでてしまいました。(汗)

DSC05986.jpg

1400クリアがP●T、ハチミツ2000がLEV●N-G、一番大きいダイソーボトルが新外産です。

モチロン、期待するボトルは良い場所に置いたので、
その差も出ていますが、あまりにも差が顕著に出てしまいました。
新外産はフタを開けてもキノコは1本も無し。
気配すらありません。

P●TとLEV●N-Gは若干P●Tの方が痛みが少ないです。
LEV●N-Gもその年によると思いますが、
今年は我が家では劣化が早目になりました。
最初から菌の回りが悪かったな…、タイミングが悪かったかもです。

1枚目の⑥ボトルは交換がさらに1カ月前で、比較的風が当たる扉側だったので、
特別悪くなってしまいました。ブランドは伏せておきます。

いろんな要件を差し引いても、
新外産の持ちの良さは評価出来ると思いました。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。