HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>飼育管理

交換のタイミング

DSC03098.jpg

せっかくのお盆ですが、クワに関してはどうすれば言いいか思案中です。
先日、2頭投入ボトルを5本交換しました。
比較的喰い上がっていたものをやりましたが、期間的になんとも中途半端になりました。
あと3本ありますが、まだ喰い進む余地が見られるので交換せず様子をみています。

先日、す~やんさんも書かれていましたが、ボトル毎に食い上げの状況をみて交換される様子。
私もそれがいいと思いつつ、ついついボトルの白い部分が少なくなるとソワソワして、
早めに交換してしまいます。
今年はもう少し遅めにと思っていますが、どのタイミングがいいのかまだ分かりませんし、
それと、ボトルを豊富にストック出来ればいいのですが、ほとんど常温なので、
劣化も気になり、けっこうボトルの都合で交換してたりします。
これじゃ何の為に交換してるのか…、本末転倒ですよね。
それで、期間を決めて余程の変化がない限り一斉交換となります。
本当は1本1本みながら、時間の幅をつくって交換できたらなと思います。

画像は滋賀に家族旅行に行った時に買った自分用のおみやげの絵葉書です。
こんなところに行って見たいな~。昔を思い出します。

この記事のトラックバックURL

http://radao.blog86.fc2.com/tb.php/140-3627052c

コメント

はじめまして
ラダ夫さん、こんにちは。Mickey And Haruと申します。8月からクワブログを始めたばかりのオオクワ飼育ビギナーです。ラダ夫さんのブログをリンクさせて頂いておりましたが、お知らせせずに大変失礼しました。
さて、ボトル交換ですが、私はプラボトルのまとめ買いで、専用保冷庫も持っていないので、基本的に喰い上げ順に交換ですね。なので、多少早すぎても交換したりしている場合が多いです。また、情報交換等させて頂けたら幸いです。では。
訪問、ありがとうございます。
Mickey And Haruさん、はじめまして。

リンクつくって下さりありがとうございます。私の方も貼らせて頂いてよろしいですか?
私もまだまだビギナーです。
お互い頑張って自分の理想のクワを生み出しましょう。
また覗いてください。私も遊びにいきますね。

ラダ夫さん こんにちは

私の場合は、予備の冷やし虫家があるからできるんですが、投入後もうすぐ90日、期待していたほど食痕が伸びず、やきもきしています。

このやり方は精神衛生上よろしくないですね。
相互リンクの件
ラダ夫さんこんにちは
Mickey And Haruです。相互リンクの件、よろしくお願いします。
90日交換誰が決めたんですかね。愚問?
ラダ夫さん、こんばんは^^

自分の場合、昨シーズンは全頭を日数でキッチリ交換しました。
よくオオクワは早めの交換がいいと言われますがそれに習い早め早めの交換でした。
結果は上々だったのですが、以前にも記事にしたことがありますが、ポテンシャルのある個体はわりをくってる印象がありました。
そこで今シーズンは見る目を養うためにも個々の状態を確認してバラバラの交換としているのですが、これが虫家ですと見えないところもありなかなか難しいのに気が付きました^^;
それにあまり引っ張ると暴れや蛹化スイッチのキケンもありますし、やはり早め交換の方がリスクは少なそうです^^;
居食いではなくても中がごっそり食われているボトルもありますし、外からでは正確な判断は出来ないと思いました。
みなさま、コメントありがとうございます。

す~やんさん、こんばんは。

平面思考の私には個別飼育はチョット苦しそうです。
ボトルの見た目=中身でないと言われていますし。
私もその程度でしか、分かりません。
以前、メルリンさんがボトル2本でレクチャーされてましたが、自分には分かりませんでした。(笑)
経験が必要ですね。頑張ります。


Mickey And Haruさん、こんばんは。

リンクさせていただきました。
よろしくお願いします。


insect.club2008さん、こんばんは。

決められた訳ではないのでしょうが、そう思い込んでますよねー。
ウチは2ヶ月が目安のボトルを使っているので、もっと悩んでいます。(笑)


チッパーさん、こんばんは。

引っ張り過ぎで早期羽化なんて事態もあるんですね。
なんだか、怖くなってきたな。休み明けには早速ブロックとボトルを注文しようかな?
そういえば、中身が粉粉になってるボトルもたまにありますよね。
最近は毎日、食斑の進んだ常温ボトルを眺めながら気をもんでいます。


こんばんは。

同感です。
ボトルの保管が確実にでき,いつでも交換ができるのならばいいのですが,なかなかそうも行きませんし。
私も個体の食痕を見ながら交換するようにしています。
以前は3ヶ月で交換というように期間で区切っていました。
どうなるかは,今後検証してみたいと思っています。
コメント、ありがとうございます。
夏は保管が難しいですよね。
kailuaさんはちゃんと1本ずつ観察されてるんですね。
素晴らしい。いいのがでてくるでしょうね。
でも、そういうことをやらないと、技術もあがらないでしょうね。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。