HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりごと

阪神淡路大震災から15年

今日でまる15年。

当時、兵庫県の尼崎市に住んでいた私は被災しました。

鳥肌が立つような異様な地鳴りの後、激しい揺れがやってきて、
強烈なジェットコースターに乗っているような感覚でした。
とっさに嫁さんの上に覆いかぶさって、布団をかぶりました。
アパートの天井が落ちてくると感じ、生まれて初めて死ぬと思いました。
数日後、長田や、東灘に行きました。
自然の力の大きさと、人の無力さを感じました。

この日が来ると、毎日を大切にしなきゃと気付かされます。

この記事のトラックバックURL

http://radao.blog86.fc2.com/tb.php/214-104c6d81

コメント

こんばんは。
早いものでもう15年が経つのですね。
同じ兵庫県内ですので私の町も大変揺れましたが被害はなかったです。
しかし、知り合いや親戚がこの震災で何人かお亡くなりになりました。

我が町も何年か前に台風の影響で町全体が水害に遭い非難生活を送った事があります。
地震には到底及びませんが自然の恐ろしさを痛感いたしました。

本当に毎日を大切にすると共に人との繋がりも大切にしないといけませんね。
私達もその時にボランティアの方々には大変お世話になりましたので。
こんにちは。

当時、私は学生でバイト中でした。家に戻りテレビを着けたら大惨事の
ニュース速報が流れていましたのを思い出します。
震災直後は殆ど情報が無くて、時間の経過とともに全容が明らかに
なっていくにつれ、その深刻さを増していった感があります。

今の赴任地の前は神戸でして、兵庫区に住んでいました。
震災の爪あとは殆ど垣間見ることは出来なかったですが、
道路の車線数、コインパーキングの多さは大惨事の遺産であると
地元の人が仰っていました。
地震大国日本。防災の意識を高め、毎日を過ごさないといけませんね。
こんばんは
阪神淡路大震災は、忘れられない出来事ですね、私は大阪でしたが、マンションでしたので凄く揺れました、家族の無事を確認して、会社に行きましたが、被害情報が入るたびに被害の大きさに驚きました。
数日後、私も長田に行きましたが、本当に、凄い状況でほとんどの家が壊れていました地震の怖さが身にしみました。
こんばんは!

当時の朝のことはっきり覚えていますよ~!
部屋の本棚とコンポが落ちて買ったばかりのゲーム機を破壊しましたから^^;
まぁこんな被害は現地に比べれば被害ではないですけど・・・。
後、車で仕事に行くとき、道が異様に空いていたのを覚えていますが、会社にも半数は遅刻あるいは休みの方が多かったです。
昨日にドラマやってましたけど、かなりリアルで知らなかったこととか色々考えさせられました!
こんばんは。
15年。早いですね。当時、私は実家の滋賀にいました。滋賀も結構揺れ
ましたが、母の実家が芦屋で、地震直後に電話してもつながらず。次第に
分かる状況にハラハラしながら、なんとか梅田まで辿りつき、そこから芦屋
まで歩いていったのを覚えています。家は完全につぶれていましたが、
そこには張り紙が。私の実家の住所と電話番号!親戚一同、私の実家に
早々に避難したとのことでした。
ただ、いとこが1人亡くなっていました。あれから15年。本当に毎日を大切
にしないといけないですね。
SouTaさん、こんばんは。

SouTa家でもいろいろあったんですね。
大きな自然災害の前では人間は無力ですね。
あの時は本当に運命について考えさせられました。

あたりまえのように生きてる事を、貴重に思って努力すれば、
どんなに充実した人生になるかな?と、その度ごとに反省するこの頃です。
Mickey And Haruさん、こんばんは。

そうでしたか。地震直後外に出て、電気も点かない中で近所の方々とラジオを聴いた時、
「3人の人が怪我をした。」と、報道され、「そんな程度か」と、ぬか喜びしました。
あんなことになってたなんて…。
電気が復旧してテレビを見たとき愕然としました。

直後の長田、兵庫を歩いた時、勝手に涙が出て止まりませんでした。
今はよく復興したものだと思い、街を見ると、また涙がでます。
二度と味わいたくないですね。

家族山さん、こんばんは。

本当に酷かったですね。
戦争の空襲の後がこんな感じかと思いました。
二度と見たくない光景でしたよね。

チッパーさん、こんばんは。

考え方によっては、壊れたのがゲーム機で良かったですね。
震災を通していろんな事を考えさせられましたね。
残った我々は一生懸命生きて、値打ちのある人生を送りましょう。

クワガエルさん、こんばんは。

親族の方々も大変だったんですね。
知ってる人の死は本当に心のダメージが大きいですよね。
こういうことは今後起きて欲しくないですね。
毎日を大切に、つい忘れがちです。
こんばんは
本当に怖かったですね。
普段は一度寝ると起きない自分なんですが、
この時の地響きには目が覚めました。
忘れたいですが、忘れてはいけない出来事でしたね。
KIYOさん、こんばんは。

そうですね。我が家でもこの日は子供たちに当時の話をします。
大きくなるごとに少しずつ命の話、家族の絆の話と変化していきます。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。