HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>飼育管理

種親たちも少しづつ覚醒

DSC02026.jpg
種親たちも少しづつ覚醒しています。
よく確認していませんが、♂たちはプラチナ74以外は覚醒して、
エサを食べ始めているようです。
富士山の近くで育ったトレハさんのティラノ系統は寒さに強いのか、
エサをよく食べて、大きなエサ皿をひっくり返して大暴れしています。

メスは、穴を掘っているやつはいますが、エサには手を出していません。

もっとも、スペースが無いので、菌糸ビンと同居。
したがって、温度は菌糸ビンベースで、25℃前後です。
基本的には季節と共にブリードするつもりですから、間に合うでしょう。

この記事のトラックバックURL

http://radao.blog86.fc2.com/tb.php/69-ff859408

コメント

こんにちわ^^
季節に合わせて飼育するのが、絶対いいですよね^^;
自分は今頃気がつきました><
今期採れ幼虫はたいへんな苦労しそうです^^;
割り出し時季について。。。3月に割り出したら翌年の1月から3月に羽化してきますね。((+_+))
幼虫期間が10~12ヵ月と計算すると。。。4月からスタートで6月頃に割り出しが簡単かも知れません。
今までの経験からそう思います。
チッパーさん、こんばんは。
そうですねー。我が家には温度管理は今まで無かったので出来なかっただけです。
今も虫家一台ではどうにもならず、必然的に季節に合わせているのです。
通年エアコン管理なら違う考えを持ったかも知れません。
insect.club2008さん、こんばんは。
早めに新成虫を見れるのは魅力的ですが、自然にはあまり逆らえそうにありません。(笑)
そこで、おとなしく春を待っているのです。
いよいよお目覚めですね。
自然に近い環境が一番個体には優しいでしょうね。
うちでの長寿個体(阿古谷)はじっくりと冬眠させて,季節が春になり暖かくなったら起こしています。
ラダ夫さん、おはようございます。
私も、自然に一番近い環境でやってみます^^
6月、割り出しくらいで^^
kailuaさん、おはようございます。
いよいよです。早めに起こして、しっかりエサを食べてもらって
4月末からペアリングを始め、6月に割り出せればと考えています。
speedwellさん、おはようございます。
同じタイミングですね。
それが、虫にも人にも無理のない方法ですよね。(笑)

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。